2018年2月10日にマリアージュ会開催します

山梨ならではの自由な発想の若手醸造家グループ「アサンブラージュ」

山梨で生まれ育ったワイン醸造家が「より上質なワインを造りたい」という共通意識の元に集まったアサンブラージュ。メンバーは 全員1970年代生まれ。先人の培ってきた知識、伝統、経験を継承しつつ、意欲あるワイン造りを目指しています。主な活動は。ぶどう 栽培、技術的な情報交換、栽培醸造環境を守るための勉強会、山梨ワインを広げるための県内外での試飲会、イベントなど幅広く活動しております。今回はその中の一人、ドメーヌQさんを紹介いたします。

ピノ・ノワールを甲州ぶどう混嬢、絶妙な黄金比φ(ファイ) ドメーヌ Q【 山梨県・甲府】

甲府盆地の北部、大蔵経寺山麓に代々続く農家にして、 1974 年レ ストラン経営に進出。やがて、思いはフランスの ワイン醸造にも向 けられ、実行に移したのが 1996 年のこと。 世界最高峰のワイン、ロ マネコンティに憧憬と敬意を表し て、日本では栽培不可能とされて いたピノ・ノワールを植 えることからスタートした。初リリースは 2000 年。その後 わずかな期間で、高い評価を獲得するまでに成長 しました。 醸造を担う当代の久保寺慎史氏が目指すのは、クリーン に してぶどうの良き個性がしっかりと伝わるワインづくり。 試行 錯誤の末、毎年、順調に収穫を続けているピノ・ノワ ールを日本固 有種の甲州ぶどうと混譲。絶対の黄金比率を 意味するφ(ファイ)と 命名してリリースしています。

マリアージュ会のお申込みフォーム


男性女性

2018年特別企画 Rail Barマリアージュ会 inドメーヌQ 詳細ページへ